• その他 »
  • ぶくろのいぶくろ その3
Header

ぶくろのいぶくろ その3

この猛暑には辛いものが食べたくなる。

大通りから離れたところに
韓国家庭料理の店を発掘した。

「自起屋 (ジキヤ)」

ちょっとイケメン韓流アイドルみたいな店長が微笑みながら
冷たくキンキンに冷えたおしぼりをくれる。
おお、これは気持ちいい。店内も心地よく涼しい。

スンドゥブチゲを注文。

爽やかにはにかみながら店長は微笑む。

ところが。。。

料理は微笑みも涼しさも吹き飛ぶようなものが運ばれてきた。

jikiya1

やってしまった

まるで、釜茹で地獄か、血の池地獄。。

真っ赤なおどろおどろしいマグマがグツグツと煮えたぎっている。

これを食べるんだよね。。
やってしまった。
こんな激辛スープ、、、
食べたら身体がどうにかなってしまうだろう。

そうか、さっきの爽やかな微笑みは、
“ほほう。あんたいっちゃうのね。ふふふ”っという不敵な笑いだったのか。

恐る恐る口へマグマを運ぶ。。

でーはんみんごっ!どどっどどっどっ!

お!?
うまいぞ。

思ったよりも辛くない。
魚貝のアサリ、豆腐がいい味を出している。

jikiya2

スンドゥブチゲ

身体がほんのりと温かくなり、暑さが和らいだ。

 

辛いと思うから辛い

暑いと思うから暑い
いや、そんなことはないか。。

This entry was posted in その他

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です