Header

楽天市場店舗のページ = ランディングページ??

お客様担当のしんじです。

 

前の記事で書いたように、今、楽天市場の店舗オープンに向けて色々準備中ですが、最近流行のストーリー仕立てのページの方が購入される方が、商品のことがよく分かって購入される方には良心的なようですね。

 

そう考えていると、最近のランディングページも同じような気がします。

 

ランディングページというのは、リスティング広告などのリンク先に用意するもので、広告に連動した内容をギュッと凝縮した感じのWebサイト、ページです。

 

前にリスティング広告のリンク先は重要ということで詳細ページにリンクさせた方がいいということを書きましたが、ランディングページのように、その商品やサービスに特化したサイト(ページ)であれば、そこへの誘導の方がよいです。

 

ランディングページの流れはこんな感じです。

1)掴  み : キャッチコピー+イメージ画像

2)アピール : いい点を分りやすく簡潔にポイントを列挙

3)補  足 : アピールの細かい説明やデータを使用

4)お客様の声: なぜいいのか?、何がよくなるのか?を具体例を交えて

5)価  格

6)利用の流れ: 安心感を得られように

7)購入・お問い合わせボタン

 

今、こんな感じで楽天店舗の家具ページを作っています(笑

お披露目できる時になれば、ご報告します。

 

This entry was posted in Web制作/プロモ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です