Header

netとラジオ

みなさん、こんにちは、まーしーです

最近、池袋に向かう際に1時間くらい歩いてから電車に乗るんですが、歩いている間にラジオを聞いてることが増えました。
Podcastを聞いたりもしてますが、外を歩いているときは電波を意識しなくていいのでラジオだったりします。

ラジオを聞いている時にサイトを見れるかどうか?

ラジオ番組のコンテンツの中で、リスナーの方からその番組のサイト?に投稿された物をみながら「いいですねー」とかそういう話をしているコンテンツが時々あったりします。

それを聞いているときに思うのですが、耳から聞いているだけのリスナーにとって、このコンテンツはおもしろいのだろうか?ということなんですよね。
投稿された写真について説明しているものから、想像力を働かせて、、、とかするとまぁ楽しめないことはないのですが。

パーソナリティの人とかはリアルタイムに画面をみながら話しているので、この何番目の写真がー、とかいっているのですが、それリアルタイムに更新されていたら、番号かわるんじゃないのかなー、なんていらぬ心配をしたりするわけです。
(実際のサイトを見たことがないので、番号は変わってないかもしれません)

ラジオを聞きながらサイトをみるという楽しみ方

ただ、その番組サイトに投稿している人がいるということは、ネットをみながら聞いてる人がいる、わけで難しいところです。
ラジオ=耳からのメディア、という考えが古いのかもしれないのですね。

どういうシチュエーションで使われるのか?とかはWebサイトを作るときによく考える訳ですが、こういった番組の企画なんかも似たような物なのかなー、と想像したりしてみています。

どういうシチュエーションを想定するか?

Webサイトを作るときにはどういう人がどんなシチューエーションで、といったことを考えることがあります。
正解はないわけですが、ユーザーAが会社のPCで閲覧する。ユーザーBが外でスマホから見る。ユーザーCが自宅でタブレットで見る。
環境だけでもいくらでも考えられますし、目的を想像するとさらに色々な場合が考えられますね。

サイトを持つ側もとりあえずあればいい、というくらいの位置づけの場合もあるので、どれにあわせておくのがいいのか?というのは時と場合によりそうですが、サイトで成果を上げるためにはちゃんと考えないといけないですね。

This entry was posted in ツール紹介

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です