• Archive by category "音楽"
Header

Blog Archives

ボーカル&ギターデュオライブ「タイサヤ@タイサラ」のお知らせ

こんにちは!皆川です。

今日はアイ・ペアーズ主催のライブイベントのご案内です。

武満徹歌曲、唱歌を聴いてノスタルジーに浸り、
ポップソングを口ずさみながら心躍らせる。
美味しいタイ料理、歌とギターの優しい音色。
いつもと違う、特別な夏の休日の夕べ。
そんな贅沢なひと時を一緒に過ごしませんか?

7月16日(日)妙蓮寺タイサラにて

Don’t miss it!!!

と、いうようなコンセプトで(今考えました)歌とギターのライブをやる事になりました。

何を隠そう(隠してませんが)ギターを弾くのが本職の私、皆川太一と、
アイ・ペアーズの隠し球(これからは隠しません)、ボーカル早島沙耶による初ライブとなります。
題して「タイサヤ@タイサラ」です。

今年に入って、クローズドのイベントではデュオで演奏したり、早島沙耶としてはイベントに出演していましたが、公開イベントでこの編成でライブをやるのは初めてですので、是非いろんな方に見て頂きたいと思っています。

日時:2017年7月16日(日)17:30~20:30(入場17:15)
会場:妙蓮寺 ”タイサラ” タイ・カフェ&レストラン www.thaisara.jp
会費:4,000円(ビュッフェ形式のタイ料理とイラン料理の食事&1ドリンク付、ミュージックチャージ込)
追加の飲み物(赤白ワイン、タイ・ドイツビール、ソフトドリンク等):1ドリンク500円,
飲み放題: 1,000円 (ソフトドリンクの場合:500円)

ご予約は
info@i-pairs.co.jp
までお問合せ下さい。

・早島沙耶(Vocal)
4歳よりピアノを始める。高校時代に声楽・合唱を始めたことがきっかけとなり、歌うことに興味を持つ。大学進学後は、尺八やクラシックギターなど様々な分野の音楽に触れることで、更に音楽への理解を深める。『ウタゴエフェス2016』や、大学内行事『合同卒業制作博』のフィナーレにボーカルとして出演。

2017年、エポック社『アクアビーズ』の日本語版テーマソングを担当。
現在は、多数のイベント出演、レコーディング、仮歌などシンガーとして活動中。

・皆川太一(Guitar)
バークリー音楽院ギター専攻ソングライティング科卒業。
確かな知識と経験に基づいた安定感のあるプレイと、様々な国籍、ジャンルを超えてライブやセッションを重ねた経験から得た柔軟な対応力で、ジャズからポップスまで演奏するギタリストとして幅広い活動を行う。

2016年3月、ジャズ専門のレーベル[寺島レコード]よりリーダー作品【Minor Mood】をリリース。雑誌、ラジオ等でも取り上げられる。

楽天スーパーポイントPVに広東語版が追加公開されました!

皆様こんにちは、mamoです。

このGW連休は遠出せず、ひたすら旧友や学生時代の先輩、後輩と旧交を温める日々でした。
小学校、中学校、高校、大学、留学時代、大学院の全ての時代の友人に会ったのですが、数十年ぶりでもみんな内面は全然変わっておらず、タイムマシンに乗ったようでした…。

さてさて、気持ちを現代に引き戻して連休明け最初の投稿は、先日ご報告した楽天スーパーポイントの多言語版PVシリーズに新たに追加された広東語版のご案内です。まずはともあれ、ご覧下さい。

中国語でも北京語、広東語、台湾中国語は使用する文字は勿論のこと、言語としても語法や響きもかなり異なっているので、見比べてみると大変興味深いです。

Rakuten Global Market 様オフィシャルYouTubeチャンネルはこちら!

さて、次は何語が来るかな?!

楽天スーパーポイントの多言語版PVが公開になりました!

皆様こんにちは、mamoです。

もう4月も半ばと言うのに今日はまたえらく寒いですね…。
雨が降っているとは言え、正午で気温7℃とかあり得ないレベルです。
折角桜が満開なのに、まさに花冷えという感じで…。

さて、本日はそんな寒さを吹き飛ばすような明るい動画をご紹介させていただきます。
弊社にて制作を手がけた、楽天株式会社様の海外向け「楽天スーパーポイント紹介PV」が、先日より4言語版まとめて公開となっております!

CG、音楽、音声、効果音、全て弊社にてスクラッチ制作を行った自信作です。
是非ご覧ください!!

■英語版

■中国語(簡体字)版

■中国語(繁体字)版

■韓国語版

Rakuten Global Market 様オフィシャルYouTubeチャンネルはこちら!

今後、他の言語も追加になる予定です。
どうかお楽しみに!

アクアビーズの日本語版テーマソングが出来ました!

皆様こんばんは、mamoです。

もっと早く書こうと思っていたのですが、現在東京ソラマチで開催されている「アクアビーズ わくわくミュージアム2017」というイベントに行って参りましたので、そちらのご報告をば。開催期間ギリギリですみません…。

今回、株式会社エポック社様の人気商品であるこのアクアビーズの日本語版テーマソング制作を、同社様の宣伝映像を担当されている株式会社ボーダーレス様よりのご依頼で、大変有難いことに弊社にて担当させていただいただのですが、こちらのイベントにて早速使われているとの話を伺い、こっそり行って来た次第です。

ちなみに弊社は今回、元々あった英語版の楽曲への日本語歌詞作成と歌の収録及び最終MIXを担当させていただきました。シンガーは弊社所属のMμki(ミユキ)で、今回がCMソングのデビュー作となります。彼女はこれからきっとブレイクしますよ~!

こちらの公式ページの動画でも使われているキャッチーな楽曲です!

何とノイシュバンシュタイン城が!

行ってみてびっくりしたのですが、アクアビーズってこんなことまで出来るんですね…。上の写真のような大作が何点も展示されています。会場の一角には体験コーナーもあり、小さなお子様から親御さんまで沢山の人で賑わっている中で自分がつい先日MIXした曲がループで流れているワケですから、つい周りの声が気になってしまいます(笑)。

お子様を連れたお父さんが隣の奥様に「この歌ヤバい、頭の中から離れないんだけど…」と仰っていたりすると、思わずニヤリです。そうでしょう、そうでしょう、メロも歌詞もメッチャキャッチーですからね~(笑)。

と言うわけで、本日(3/26)がイベント最終日なのであります。
ご興味のある方は是非本日スカイツリーの直下、東京ソラマチへGOですよ~

ではまた! 次回は週明けかな…。

発売されたAKIBA’S COLLECTIONを早速聴いてみました!

皆様こんばんは、連日のmamoです。
ブログをサボっていたため、こんな感じで暫くポストを連打しますのでご容赦を…。

さて、本日は弊社もお手伝いさせていただいたTVアニメ「AKIBA’S TRIP」のED10曲を集めたCD「AKIBA’S COLLECTION」が昨日3/22に発売になり、早速当方も入手して聴いてみたので、そのご報告です。

モーションキャプチャーから放映までの裏話はこちら

「それが声優」12話「光の先へ」ライブシーン制作の話はこちら

えぇお金出して買いましたよ、ちゃんと(笑)。

それにしても、全13話でED10曲とは凄いことをやるものです(汗)。

ちなみに残りの3話分は、我々がダンスシーンのモーションキャプチャーと3Dガイド出しを担当したイヤホンズさん(まにあーず)の「サンキトウセン!」なのですが、実はこれ全部バージョン違うんですよ。

今回、CDを聴いて初めて分かったことですが、3話のED.3はイヤホンズバージョンの3番でした。でもって、4話のED.3-2は3話(と11話)のライブシーンで使ったまにあーず名義のキャラソンとして、声質を変えて歌っているのですが、これ何と1番の歌詞だったんですね。昨日の12話はそのイヤホンズバージョン、つまり1番の歌詞でこれが言うなればED.3-3(←公式振付動画)。

マニアック過ぎますって(笑)。

この曲「サンキトウセン!」は作詞作曲のエンドウ.さんによる難解な歌詞が話題になっておりまして、我々が昨年8月のモーキャプセッション時に貰った89秒バージョンは、今にして思えば1番の歌詞だったワケです。自分は恐らく最も早い時期にこの曲を聴いた人間の一人だと思うのですが(何せまだ仮歌でしたから)、昨日まで残りの歌詞がどうなっているか、全く知りませんでした(爆)。

そんなワケで昨日初めて全体の歌詞を知って、中学の頃から長年アキバで遊び続けて来た自分の青春が詰まっているような、この街に対する愛情溢れる歌詞だったので、感動してしまいました(涙)。

そうそう、我々が8月に貰った1番の歌詞にはエンドウ.さんご自身によると思われる語句に対する解説が赤字で入っていたのですが、それがとっても面白いんですよ。お見せ出来ないのは残念ですが、多分どこかで公開されるんじゃないでしょうか…。超楽しい文章ですし。

[2017/6/8追記]
アニメの打ち上げで直接エンドウ.さんにお伺いしたところ、やはりご本人による解説でした!
更に、仮歌もなんとご本人だったとか! 驚きの新事実!!

楽しいと言えば、CDの盤面も超楽しい作りです。インベーダーっぽいウサギっぽい何か!!

表ジャケや盤面だけじゃなくて、帯とかバックインレイのデザインもとてもレトロなゲーム調で、非常に良い仕事だと思いました。デザイナーさん、センスありますね…。

さてさて、毎週楽しみにして来た本作品も何と来週で最終回を迎えます。我々がお手伝いした「サンキトウセン!」のライブシーンは既に3話と11話でフルで二度も使われ、EDとしても前述のように3回登場し、恐らくは来週の最終回でもまたちょっとライブシーンがあるかもで、とても楽しい3ヶ月となっております。

作品として本当にキレッキレの快作(怪作?!)なので、観ていない方は円盤買ってでも是非鑑賞すべし! 今からアキバニロスが思いやられますが…(涙)。

あ、最後に、我々がどんな仕事をしたかは、海外のどなたかが作ったこの比較動画を観れば何となくお分かりになるかもしれません。権利的にこれがOKなのかは分からないので、お早目にどうぞ(笑)。

ということで、また(多分、明日)!

皆川太一カルテットLIVE@希望ヶ丘 CASK

皆さん初めまして、赤猫です。

昨年9月からアイ・ペアーズでお世話になっています。
今回は社長命令で「自己紹介しろ」とのことで、しぶしぶ書いています。つらい。

自己紹介はさておき、先日、尊敬してやまない大先輩・皆川太一先生のライブへ行って来ました。

ライブハウス前にあった看板

開演前のライブハウス前にて

ジャズライブをちゃんと聴くのは実は初めてで、場の空気感が全く読めなくて緊張していたのですが、最終的にワインを2杯飲んで気持ち良くなっていました。(その後マスターにはビールをごちそうになりました。神様か・・)

本当に演奏が目の前だったので、生の音がそのまま飛んできて迫力が凄かったです。
事前に「演奏中にギター触ってもいいですか?」と聞いたら「ダメ」と言われていたので、そこは我慢しました。

せっかく素敵なライブに招待していただいたので、最近個人的に購入した一眼レフカメラを持参し、写真を撮らせていただきました。

変顔で集合写真

実は久しぶりだという集合写真

いつもとは違う雰囲気のポーズをしてもらいました。楽しそうですね~

仕事中とは違う先輩の一面を見られて大満足な日でした。皆さん本当にかっこよかったです。

ギタリストである弊社の皆川太一は色んな場所でライブを行っておりますので、皆さんも是非足を運んでみてください!

Taichi Minagawa official web site

あ、因みに、わたしは普段モーションキャプチャー&モーション修正の仕事をメインにやっています。最近はモーションアクターもやり始めました。

その他にWeb事業のお手伝いもやっています。
個人サイトを作りたい方、自社サイトをリニューアルしたい企業様、企画から相談に乗りますので是非ぜひお気軽にお問い合わせくださいね~!

アイ・ペアーズへのお問い合わせはこちらから

あと趣味はコスプレです。

それではまた!(自己紹介できたかな・・?)

SAVOVA、デビューアルバムCloud9

みなさんこんにちは!皆川です。

今日はCDを一枚ご紹介します!
IMG_1929

ビクターエンターテインメントからデビューした、堀江沙知さんのピアノインストプロジェクト【SANOVA】のCloud9というアルバムです。
早速冒頭からのキラキラピアノサウンドと重厚なグルーヴに圧倒されながら聴いています。

堀江さんはアイ・ペアーズで昨年僕がアレンジした曲のキーボードをお願いしてレコーディングに参加して頂いたり、僕のライブでご一緒させて頂いたりとご縁のあるミュージシャンの一人ですが、会う度に元気をくれる本当に素敵なピアニストです。
こののアルバムを聴いていると、テクニックはもちろん、彼女の人間性がたくさん詰まったほんとにいい曲ばかりだなと感じました。
歌モノのようにキャッチーかつ、インストならではの技術的な側面を見ても単純にかっこいい。

と思いながら見てみると、サポートはドラムに今村慎太郎さん、ベースに山根幸洋さんと、これまた若手ジャズシーンで引っ張りだこの完璧なメンバー。
お二人とは僕もそれぞれ共演した事がありますが、今村さんはPOPS、ロック系からR&B、ソウル、HipHopとただ幅広いだけでなく、どのジャンルにおいても第一線のクオリティでプレイできるまさにハイブリッド系ドラマー。山根さんはPOPS、JAZZ、とくにブラジリアン系のミュージシャンからの信頼は厚く、小野リサのアジアツアーに参加するなど、若手ファーストコールです。

トリオという最小編成ながら、それぞれの立ち位置がしっかりしていて死角がないなぁ!という感じ。

僕はそのミュージシャンの人間が見える音楽には心を惹かれます。
それを表現するための知識やテクニックを超えて、その人の持っている暖かさや時には悲しみを感じる事ができる、そんな音楽が好きです。

きっとこの音楽を聴いてから彼女のライブに足を運んだとしても、きっと期待を裏切らない彼女のその魅力にまたたくさんのファンができる事でしょう。

アルバム最後の「手紙」というバラード。
今までのアップテンポでキラキラした楽曲とは打って変わってしっとりと聴かせるソロピアノ。
彼女が大切にしているファンの為かな、家族や友人に向けてかな、誰か大切な人の為かな…なんて想像の膨らむとても素敵な曲です!
この締めくくりいいなぁ…

是非たくさんの人に聴いてほしいアルバムです。
堀江さん、メジャーデビューおめでとうございます!

試聴はこちらから↓
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A025690/VICJ-61756.html

「PNSP(Pen-Nurisampo-Sampo-Pen)/国立劇場版PPAP」がとんでもないことになってしまいました…

皆様こんばんは、mamoです。

いや、驚きました…。
完成時にこれは絶対ウケるとは思っていましたが、まさかこんな社会現象になるまで人気が出るとは…。

1/13の金曜日夕方に完成動画を納品し、YouTubeにアップしていただいたところ、土曜に火がついて、日曜にはネット中で話題になり、月曜にはもう100万再生を超え、NHKのニュースや各情報番組で取り上げられ、今日1/17の火曜には読売新聞の社会面にまでその人気沸騰ぶりを紹介する記事が掲載されると言う…。

誰がこんな展開の想像がつきますかね…。
火曜夜の現時点で170万再生ですって…。

⇒(4/19追記)最終的に4月中旬の公開終了時には270万再生行っていました…

自分達が12/26にレコーディングと撮影を行い、編集を終えて数日前にアップした動画がNHKのニュースで流れているんですよ? もう不思議でしょうがないです(笑)。

あ、大変失礼致しました…。何のことか分からない方もいらっしゃるかもしれませんよね。

弊社が音声レコーディングと撮影、CG映像編集を担当させていただいた、国立劇場様のYouTubeチャンネル第一弾動画となる「PNSP(Pen-Nurisampo-Sampo-Pen)/国立劇場版PPAP」のお話です。

Thumbnail02
※クレジットで「制作協力」として物凄くフィーチャーして下さっていていたのですが、期間限定公開のため、既に公開は終了しております(4/19追記)。

いやぁこんなことってあるんですね…。
世の中って分からんもんですね…。

我々はあくまでお手伝いとして、錚々たる演奏者の皆様の素晴らしい演奏を、出来るだけそのまま視聴者の皆様にお届け出来るように収録し、キレがあるのに超可愛らしいマスコットキャラクターのくろごちゃんの魅力を最大限引き出せるように、撮影と編集を行っただけなのです。

現状では我々が一番ビックリしている状態ですが、まずは第一報として本稿をアップさせていただきます。もし需要があって更に各方面のご許可を頂くことが出来れば、収録当日のルポを機会があれば書かせていただこうかなと思っております。

楽曲に関するコメントとしては、笛担当の藤舎推峰様が既に詳しい内容をお書きになっているので、当方の立場は「音楽の奇跡」の第一目撃者、ということになりましょうか…。

あれは凄い体験でした…。

(4/19追記)ご興味のある方は弊社にてご覧いただけますので、是非お越しくださいませ!

松永勇次アコーディオンひとり会

皆川です。

あけましておめでとうございます!

あぁっっっ…..!!!!
く、、くそっ!!!!
なんて事だ……

ついに、、僕の大好きな大晦日→お正月が終わってしまいました….
また一年、今年の大晦日を楽しみに日々諦めずに生きていこうと思います。
お餅、大好き☆

仕事の方はといいますと、年末から今年にまたいで2件の大型ナレーション案件を抱えており、なんだか年が変わったとは思えない感じです(笑)
ありがたい事ですね!今年もこの調子でみんなで力を合わせて、頂いたお仕事に精一杯トリ組もうと思います!酉年だけに!

さて、すこし遡り12月13日は弊社が制作関連等関わらせて頂いている、アコーディオン奏者、松永勇次さんのソロコンサートに我々アイ・ペアーズ音楽チームはPAとしてお手伝いをしてきました。
松永先生はNPO法人日本アコーディオン協会の理事長をされている、まさに日本のアコーディオン界を牽引されているお方。
なかなか緊張感のある現場で、音響関係と記録用の映像撮影をさせて頂きました。

アコーディオンという楽器はその特性上、数ある楽器の中でもとくに身体との一体感のある楽器だと思います。
強弱や音色、テクニックも含めて、奏者の呼吸や人間としての経験値とか、いろんな要素が1つになりあの暖かい音を奏でます。

このコンサートはまさに、そんな松永勇次さんという人間が詰まった、とても優雅で優しい雰囲気に包まれていました。
会場の響き、お客さんの反応も全て含めて、とても素晴らしいコンサートでした!

リハ中の写真を少し。
img_1844

大きなツリーとパイプオルガンが印象的でした。
img_1847

ちなみに僕は一曲、ゲストギタリストとして月のワルツをご一緒させて頂きました。
今年は弊社が制作のお手伝いをさせて頂いている松永先生のソロアルバムもリリースに向けて準備中です。

今年はこういった音楽関連の現場も増えてきたら楽しいな〜!

と、いうわけで相変わらずなんでもやってます!
今年もどうぞよろしくおねがいします!

「ハルオロイド・ミナミ / PPAP」が公開されました!

こんにちは、mamoです。

ついに大晦日になってしまいましたね…。

当方の今年最後の仕事が、本日のブログ執筆になります。
これを終えれば仕事納めです! 思えば今年も色々ありました…。

さて、本題に参ります。

数日前に発表となり、世間で話題になっておりますハルオロイド・ミナミの「PPAP」カバーですが、3DCGモーション制作を弊社にて担当させていただきました。

まだご覧になっていない方は何はともあれ、ご覧ください!

いかがでしょう?!

稀代の名歌手、三波春夫さんの歌声の素晴らしさと立ち居振る舞いのスタイリッシュさをいかにして現代風に見せるか、というところに留意して制作を進めたのですが、振付、モーションキャプチャー、モーションアクター、モーション修正の各担当者が多大な熱量を持って楽しみながら制作に当たってくれました。手前味噌ですが、とても楽しい映像に仕上がったと思います。

また、楽曲が良いのです…。

弊社に今回のお話をご依頼下さったエクシング様から今回のMIXを頂いて初めて聴いた時、一発で気に入ってしまいました。フレーズの吸引力がハンパないため、社内では暫く、気が付くと「PPAP~」とこぶしを効かせてみんな無意識のうちに口ずさんでまして(笑)。

そして、今回このハルオドイド・ミナミのMMDモデルも下記の公式サイトで頒布が開始されております。つまり、どなたでもこのハルオロイド・ミナミを動かすことが出来るのです! 是非こちらもご覧になってくださいませ。

ハルオロイド・ミナミ公式サイト

こんな明るく楽しい作品の制作に関わることが出来て、また年の最後にこのようなご報告が出来て、個人的にも、弊社にとっても、今年は納得の行く年になったかと存じます。

来年も頑張って参りますので、本年に引き続きご愛顧、ご支援の程、宜しくお願い申し上げます。