Header

IVRって何だろう?

皆様、こんにちは! mamoです。
いつもアップが夜なので、昼だと勝手がちょっと違う感じです(笑)

さて、今回は先週お約束した通り、IVRについて説明します。
IVRというのは “Interactive Voice Response” の略語になり、
そのまま翻訳すると「自動音声応答」ですので、皆様よくご存じの
電話サービスで良く使われている自動音声を利用した応答システム
のことです。ってまんまやないか! ←セルフつっこみ

昔はこの自動音声もロボット臭い微妙なモノが多かったのですが、
最近は技術も進化し、自然な会話文を返すようになって来ました。
この辺はシステムの容量や伝送規格の高速化も影響大ですね。
更には前回お話ししたIP PBXを利用して、安価なIVRシステム
構築も可能になって来ていますので、今後需要は更に伸びると
思います。

ただ、システムは新しくなっているのに、再生される音声自体が
ちょっと残念なケースが多いのですよね…。そこをキチンとプロの
声優さんを使って収録すれば企業イメージもグッと上がるのに、
社員さんの吹き込み音声を使っていたりして…。それはそれで
敢えてやっているなら味があるとも言えなくもないですが(笑)。

でも、電話を下さるお客様というのは、サービスお申込みであれ、
クレームであれ、一番丁寧な対応が必要な皆様ですよね?!
ある意味会社の受付嬢以上に重要なパートではないでしょうか。

声優さんを使ってIVRアナウンスを制作するのは本数が多くて
費用が掛かり過ぎる? そんなことはありません。弊社アナウンス
制作サービスのハイグレードプラン
を使えば、1時間6万円で
リップノイズ除去等の細かい編集まで全て行います。

短いモノでしたら、1時間で15本くらい録ることも可能ですので
(内容によりますが…)、一本当たりの単価は4千円で済んで
しまいます。手前味噌ですが、かなりお得感のある価格設定では
ないかな~と思います。声優さんも5名以上のサンプルから
お選び頂けます。

実は本日も、某通信キャリア様のIVR音声のガイダンス収録が
都内のレコーディングスタジオで予定されており、これより自分も
収録立ち合いで出掛けるところです。勿論、こちらのお客様にも
上記のハイグレードプランをご利用頂いています。

IVR導入/リニューアルをお考えの企業の皆様は、電話会社も
使っている、クオリティーの高い音声ガイダンスを一本当たり
数千円からの低コストで制作可能な弊社の「ナレーション/
アナウンス音源 (自動応答音声ガイダンス)作成サービス」を、
どうぞ併せてご検討頂ければ幸いです。

ご不明な点はお気軽にこちらからお問い合わせ下さい!

 

This entry was posted in 事例紹介, 音声

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です