コンテンツ制作会社アイ・ペアーズが発信する制作現場の裏側
十周年記念社長ブログ【Vol.5】春は出会いと別れの季節です

十周年記念社長ブログ【Vol.5】春は出会いと別れの季節です

こんにちは、アイ・ペアーズ株式会社「mamo社長」こと伊藤衛です。

放映開始から1ヶ月半ほど経ちましたが、ドンブラザーズの人気凄いですね!
最新のオリコンウィークリーランキングで何とOPが1位、EDが8位です!!

オリコンミュージックストア/シングルダウンロードランキング(4/14付)

ちなみにウィークリーランキングで1位となるのはスーパー戦隊シリーズの長い歴史で初めてのことのようです。こうした歴史的なOPで弊社の名前とスタッフの名前が毎週流れているのは嬉しいですね…。正直まだ慣れてないので、放映リアタイの度に毎回ちょっとびっくりします。

これも主人公桃井タロウの言葉通り「縁があった」ということなのでしょう!

ここで今日のタイトルを回収させていただくと、春は本当に出会いと別れの季節でして、この春だけでも弊社及び個人として色々な出会いと別れがありました。

直近では、一昨日4/14にアドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)の一歳の子パンダ楓浜がお母さんの良浜から独り立ちして、もう涙なくては下記の独り立ち動画が見れない状態です…。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが自分は可愛いものが大好きで、特にコロナ禍の中で生まれて来て、沢山の人に毎日の癒しを与え続けて来た楓浜にはもうメロメロ状態、自分の子供か孫のように溺愛している次第です…。

先月関西出張で神戸に行ったのですが、独り立ち間近と聞いて白浜のアドベンチャーワールドまで頑張って足を延ばしました(人生三度目)。その時に撮影した動画はそのうち編集してYouTubeにアップしようと思います。今日のところは当方撮影の秘蔵ふうちゃん(楓浜)画像を一枚だけ…。

話は変わって、昨年ライブ向けのリハーサルバンドで自分が演奏した曲の中に、ヨルシカの「だから僕は音楽を辞めた」がありまして、先日3/30のヨルシカ東京公演(「月光」再演ライブ)に自分も行って来たのです。そのライブ中にセトリ最後のこの曲で気合を入れ過ぎたボーカルのsuisさんが過呼吸か貧血?で2番サビ前で突然倒れ、ギターコンポーザーの相方n-bunaさんが演奏を中断して肩を貸して袖に運ぶ、という大事件がありまして…。

場内大緊迫しつつ20分ほど待機中断した後に、suisさんの「ご心配おかけしました~」というホンワカしたMCと共に再開となって事なきを得たのですが、その間会場を埋めた約8,000人のファンは騒ぎもせず、誰もスマホを点けずにただじっと静寂の中待っていて凄いなと…。特に事故にならなかったからこそ言えることですが、これはこれで得難い経験をしたかもしれません。

そして、そのライブで気づいたことなのですが、ヨルシカの名曲「八月、某、月明かり」で登場し、ライブ中のポエトリーリーディング映像でもしょっちゅう出て来る「富士見通り」って、我々(りはびり~ずと上記のリハーサルバンド)のホームグラウンドであるスタジオに行く途中にいつも通っているあの商店街じゃないですか! いや、これは本当にびっくりしました!!

まさに「縁があるな」(桃井タロウ氏談)ですね~

と言う感じで、本日は書きたいことは沢山あれど上手くまとまらない、という典型的な回ではございましたが(苦笑)、これに懲りず次回もお付き合いいただければ幸いです。

あ、最後に特報です。

来る6/29~7/1に開催されるコンテンツ東京「先端デジタルテクノロジー展」に、弊社初の展示会出展として参加を決定致しました!!

https://www.content-tokyo.jp/ja-jp/about/next.html

詳細は別途ご報告致しますが、自分も期間中常駐し、色々面白いことをやる予定です。
ご招待希望がございましたら、弊社スタッフまたは当方までお気軽にお申し付けください。メール以外にSNSメッセージでの依頼も受け付けております。

新たな出会いの場所として、個人的にも大変楽しみにしておりますので、お時間のある方はぜひお立ち寄りいただけると嬉しいです。

ではまた次回!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。