• 事例紹介 »
  • 「PNSP(Pen-Nurisampo-Sampo-Pen)/国立劇場版PPAP」がとんでもないことになってしまいました…
Header

「PNSP(Pen-Nurisampo-Sampo-Pen)/国立劇場版PPAP」がとんでもないことになってしまいました…

皆様こんばんは、mamoです。

いや、驚きました…。
完成時にこれは絶対ウケるとは思っていましたが、まさかこんな社会現象になるまで人気が出るとは…。

1/13の金曜日夕方に完成動画を納品し、YouTubeにアップしていただいたところ、土曜に火がついて、日曜にはネット中で話題になり、月曜にはもう100万再生を超え、NHKのニュースや各情報番組で取り上げられ、今日1/17の火曜には読売新聞の社会面にまでその人気沸騰ぶりを紹介する記事が掲載されると言う…。

誰がこんな展開の想像がつきますかね…。
火曜夜の現時点で170万再生ですって…。

⇒(4/19追記)最終的に4月中旬の公開終了時には270万再生行っていました…

自分達が12/26にレコーディングと撮影を行い、編集を終えて数日前にアップした動画がNHKのニュースで流れているんですよ? もう不思議でしょうがないです(笑)。

あ、大変失礼致しました…。何のことか分からない方もいらっしゃるかもしれませんよね。

弊社が音声レコーディングと撮影、CG映像編集を担当させていただいた、国立劇場様のYouTubeチャンネル第一弾動画となる「PNSP(Pen-Nurisampo-Sampo-Pen)/国立劇場版PPAP」のお話です。

Thumbnail02
※クレジットで「制作協力」として物凄くフィーチャーして下さっていていたのですが、期間限定公開のため、既に公開は終了しております(4/19追記)。

いやぁこんなことってあるんですね…。
世の中って分からんもんですね…。

我々はあくまでお手伝いとして、錚々たる演奏者の皆様の素晴らしい演奏を、出来るだけそのまま視聴者の皆様にお届け出来るように収録し、キレがあるのに超可愛らしいマスコットキャラクターのくろごちゃんの魅力を最大限引き出せるように、撮影と編集を行っただけなのです。

現状では我々が一番ビックリしている状態ですが、まずは第一報として本稿をアップさせていただきます。もし需要があって更に各方面のご許可を頂くことが出来れば、収録当日のルポを機会があれば書かせていただこうかなと思っております。

楽曲に関するコメントとしては、笛担当の藤舎推峰様が既に詳しい内容をお書きになっているので、当方の立場は「音楽の奇跡」の第一目撃者、ということになりましょうか…。

あれは凄い体験でした…。

(4/19追記)ご興味のある方は弊社にてご覧いただけますので、是非お越しくださいませ!

This entry was posted in 事例紹介, 映像, 音楽

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です