• ツール紹介 »
  • 非常に恐ろしいFacebookの招待機能(実話)
Header

非常に恐ろしいFacebookの招待機能(実話)

皆様、こんばんは、mamoです。

本当は先日参加した「メディアとことば研究会」の話を書こうと思ったのですが、それどころではなくなったので(涙)、当方が昨日から今日に掛けて体験した、恐るべき大失敗の話を書きます。どうか皆様は同じ轍を踏まないように願います…。

WEBプロモーションを生業とする企業の人間として、一番やってはいけない失敗を犯してしまいましたが、それだけにこれはキチンと警鐘として書いておかないといけないと思っております。一人でも同じ間違いを犯す方が減ることを祈りつつ…。Facebookは正しく使えばこれほど便利なツールはありません。但し、運用代行を承る側の人間としては、改善して欲しい仕様が色々あるのも事実です。

ことの始まりは昨晩、スマホ(Android)でFacebookの新着メッセージに気付いて、アプリを立ち上げた時のことでした。その時にFacebookアプリでポップアップしたのは、携帯登録アドレスから友達を探してみませんか?(大意)」というシンプルなモノ。

自分としては、一度も試したことがない機能だったので(基本的にFacebookもtwitterも自分からは繋がりに行かない主義でして…)、まぁ一度やってみようかなと。それがまさかこんなことになるとは…。

そこでOKを押して暫し待ったところ、50件ほどのユーザーが表示され、なるほど、皆さんこんなに使ってらっしゃるのね、ということで親しい方に7件ほど友達申請を出してみました。

で、そのことはすっかり忘れて妻と晩ご飯を食べていたところ、妻が「mamoちゃんから招待メールが3通も来てるよ」と。こちらは「えっ?!」ですよ。だって妻はFacebookやっていないので、当然友達申請なんか出していませんし。

そこで慌ててググってみると、こんなブログを見つけました。

http://30771.diarynote.jp/201205212237038084/

まさにここに書かれている通りのことが自分にも起こったワケです。どこかで「全員を招待」とか押してしまった? いやそんな筈は…。ともかく、慌ててこちらの「寺之内日記」さんに書いてある通りの対策を全て行いました。具体的には下記の通りです(以下は「寺之内日記」さん及びその元ネタであるブログ「お口の奥地」さんからの転載です)。

————–引用ここから————-

1、 招待履歴を削除する
http://www.facebook.com/invite_history.php

「選択」の項目で「すべて」を選んで「選択したアイテムを削除」
「並び替え」は「送信日時」にすると漏れがない

2、友人検索ツールでインポートされた友達を削除
http://www.facebook.com/contact_importer/remove_uploads.php

削除ボタンを押す!!

3、ごめんなさいメールを全員に送る

—————引用ここまで————-

自分の場合、1.の招待履歴が150件ほど増えていました。また当然2.のインポートされた友達も同数有ったと思われます(こちらは件数の明示がない)。そして、自分の場合Androidスマホの登録メアドは友人だけではなく、仕事をしている4社分の関係先アドレスが登録されていたのが非常に致命的でした。登録していた社内メーリングリストが幾つも有った上、それぞれの会社のメールは全てGmailとGoogle Appsで運用していたため、自分のスマホの登録アドレス≒これまで上記4社のアドレスから送信した宛先リストだったワケです。

更に、ブログ執筆に当たって、先ほど上記のリンクを押してみたら、昨晩全削除した筈の招待履歴が70件ほど復活していました(涙)。ただこれは自分が過去にPCの方から個別に招待した分だったので、とりあえずは大丈夫そうでしたが、念のためにもう一度上記手順の1.と2.をやっておきました。内部構造がブラックボックスなので、暫くは何回もチェックする必要がありそうです。

どうです、恐ろしい話でしょう? それら全てにあの「Facebookで衛さんの写真をチェック」とかの脳天気なメールが行く訳ですよ。誰が「友達を検索」しただけで、登録アドレス全てに招待メールが飛ぶ」とか思います? どこかで自分が間違って何か押してしまったとしても、画面上ではその辺に関する説明や確認は全く無いんですよ? しかも放っておけば4回ほど送られるそうです。何でこんなのが未だにまかり通っているのやら…。

不幸中の幸いは、業務委託で受けている一番大事なお客様のエンドユーザー様とのやり取りは、こちらのアカウントですることは殆どなかったので、第三者的な方にこの馬鹿げたメールが行くことだけは避けられたということと、自分自身以外の(苦笑)個人情報の発信が無かったということです。あと、自分のアカウントは公開アカウントですし、会社の代表取締役として割に真っ当なことしか書いていないのがまだ救いでした。

その後の事態収拾の大変さはご想像にお任せ致します。お詫びのメールで昨晩は徹夜となり、今日も一日仕事になりませんでした。こんなバカ機能作ったヤツの気がしれません。と言うか、これを許容していてはダメでしょう…。一刻も早い仕様改善を要望します。

どうか、皆さんはこの恐ろしい「携帯登録アドレスから友達を検索」機能をお使いにならないように! 大失敗をやらかしたモノからの心よりの忠告です。

最後に改めて、貴重な情報を教えて頂いた「寺之内日記」さん(TOPページ)「お口の奥地」さん(TOPページ)に御礼申し上げます。本当に助かりました。そして、今回ご迷惑をお掛けした全ての皆様に、改めてお詫びを申し上げます。誠に申し訳ございませんでした…。

This entry was posted in ツール紹介

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です