Header

リスティング広告は、決めることたくさん!

お客様担当のしんじです。
前回【25日(火)】の続きで、リスティング広告出稿の仕方について

 

リスティング広告は、検索エンジン会社のインターネット広告サービスに申し込むことになりますが、リスティング広告を出す際には、色々決めないといけないことがあります。

 

  1. キーワードをどうするか?
  2. 広告を出すURLは?
  3. タイトルと広告文をどうするか?
  4. 予算をどうするか?

 

これを全部1回で説明すると、すっごく長くなってしまうので、今日は一番大事な「キーワードをどうするか?」について、残りは次回に書いていきます。

 

まず『Google AdWords キーワード ツール』等のキーワードアドバイスツールで調べてみます。

 

たとえば、当社の多言語サービスのサイト(http://i-pairs.co.jp/service/multilanguages/)を検索すると『ホームページ制作』とか『英語 翻訳』とか、そのページに関連したキーワードが出てきます。

ちょっと見えにくいですが、その結果です。▼▼▼▼▼


これを見て、マッチするキーワードやお客様を誘導したいキーワードを考えます。

 

その際に一番大事なことは『妄想』です。

「えっ?何それ」ってなるかもしれないですが、個人的には、一番大事だと思っています。

お客様がどういったものを求めているか?どういった時に検索するか?を妄想して、キーワードを考えると費用対効果がいいです。

 

たとえば、先ほどの当社ページは、多言語サービスなので、『多言語』というキーワードを設定したいところですが、果たして、お客様が『多言語』ってあいまいなキーワードで検索するだろうか?

もうちょっとこまかくして、『英語』『ドイツ語』に。

それでも『英語』の勉強を求めているお客様にクリックされると意味がないので、『英語 ホームページ制作』とか『英語 電話 通訳』とか、お客様が検索しそうで、自社に意味のあるキーワードにすることが必要ですね。

 

★☆★ ここで注意!! ★☆★

上記の例で行くと、『英語』という一般的すぎるキーワードは絶対にやめた方がいいですよ。
なぜなら前に触れたように、人気で一般的なキーワードなので、高くなる割に求めているお客様にヒットしないことに・・・。

キーワードは出来るだけマイナー、ニッチなキーワードで!!

 

では、他の決めなくてはいけない点について次回に。

※10/2(火)を予定しています。

 

 

This entry was posted in Web制作/プロモ

One Response

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です